レンジを利用したドライフルーツの作り方

レンジを利用したドライフルーツの作り方

飽食の時代とも言われている昨今の世の中では、それとは逆に健康や美容に興味を持っている人も多いです。
そして、無農薬栽培や手作りにこだわりをもち、食物が作られていく過程を自ら体験し、それを楽しむ人も多いです。
昨今では、ドライフルーツを自宅で作る人も増えています。
スーパーにもたくさんの種類が売られていますが、自宅のレンジで手軽に作ることができるということから、その人気も上昇しています。
生フルーツよりも腹持ちが良いと言われ、ダイエットにも最適であるものでもあります。
糖分もありますが、自然のものですので、食べ過ぎなければ、体にいいのです。
そのドライフルーツレンジを用いて作るには、できるだけ薄くスライスすることが重要です。
フルーツの中の水分を飛ばすためにそのようにするのです。
そして表面の水分をクッキングぺーおあーなどで拭き取り、レンジにかけます。
ドライフルーツはそのような作り方をします。
とても単純な作り方でもあるため、人気が高いのです。

ドライフルーツの効能

ドライフルーツは果物を乾燥や砂糖漬けにして脱水させることで保存性を高めた食物です。
また、生食では食べることができない渋柿も干すことによって食用可能になります。
主な加工方法は天日干しが多いですがバナナチップスのように油で揚げたり、イチゴなどフリーズドライで凍結乾燥させたものも流通しています。
乾燥状態にすることにより、成分が凝縮されて生食では大量に摂取しないと得られない栄養素を少量で摂取可能になる事と、通常の菓子よりも加工度が低いので余計な添加物もほとんどないため、昔は長期保存のため、また輸送の面で便利になるとして利用してきた方法ではありましたが、現在では手軽にお菓子の代わり、栄養価の面では健康食品としての位置づけがなされています。
そのまま食べる他にはパウンドケーキに混ぜたりと製菓材料に利用されることも多いです。
お馴染みのドライフルーツといえばプルーン、レーズンが挙げられますが、近年ではマンゴーをスライスしたものやキウィフルーツ、イチジクなど様々な果実が販売されています。
中には日本ではあまり馴染みのないデーツというナツメヤシの果実のドライフルーツも販売され始め関心が高まっています。
ビタミンA、B、Eが含まれ便秘予防、酸化やがん予防、代謝促進などの効果が期待され、味も干し柿に似ていることから女性に人気が出始めています。
近年では輸入食品を扱う店も増えてきたこともあり、簡単に購入が可能なのも人気が出てきた理由の一つといえます。

注目サイト

大和八木 賃貸
http://www.yagi-chintaikan.com/
天然石 アクセサリー
http://handmade-field.com/
医学部 予備校 評判
http://www.ishinjuku.ac.jp/
日芸
http://nichigeigoukaku.jp/

Last update:2015/8/28